【髪質改善専門】大人女性のマイナス10歳を叶える美容室/夫婦で経営する完全予約制のプライベートサロン

嘘のような本当の話!コレでお悩みも解決できるかも!

大阪 都島区 野江内代駅より徒歩1分・おおさか東線JR野江駅徒歩6分【髪質改善専門】完全予約制のプライベートサロンleaLEA(レアレア)水からこだわる美容室/外から見えない美容院/【大人女性のマイナス10歳を叶える美容室】

お客様にずっと綺麗でいて欲しいとの願いが強いleaLEAです。

そこで注目したのが、白髪染めです。髪の毛の伸びてくる周期は日本人は平均月1㎝です。

これはよく聞くので皆さん知っていますよね?こればかりはどうすることもできません。

最近よく顧客様からお声をいただきます・・・

  • どうしても白髪がすぐ気になる!だからカラーだけでもすぐにいきたい!
  • でもカットはいらないしなぁ・・・
  • カラーだけだとSh・BL料金がかかるしなぁ・・・カットが気になるまで待とうかなぁ・・・
  • でもそれだと根元が・・・

ホームカラーしようかな・・・

ホームカラ―とサロンカラ―の最大の違い

ホームカラ―のメリット、デメリット。サロンカラ―のメリット、デメリット。
色々とありますが、何よりも違う事が・・・

 

キューティクルを開く所がホームカラ―とサロンカラ―の一番の違いです。

  • サロンカラーはキューティクルを開く!
  • ホームカラ―はキューティクルに穴をあける!

この違いがもっとも大きく違う所!

これを知ると・・・ゾッとします・・・

サロンカラーもホームカラーもアルカリ剤!(そうでないものもあります。ただ今回はアルカリカラー)髪の毛は弱酸性!カラーでのアルカリ剤は髪の毛に残ります。(パーマも同じ)

そのアルカリ剤を極力除去しないとダメージが進行し、結局髪の毛に負担を与えることに!

アルカリを除去し、弱酸性に戻すことで、開いたキューティクルを閉じる作業までが美容院でできる。ただ完全にキューティクルを閉じるまでにはどれだけ後処理剤をしっかりするかで変わってしまいます。

ホームカラーはキューティクルに穴をあけ、開けた穴から薬剤が浸透します。ただサロンカラーとの最大の違いになるキューティクルのアプローチが穴をあける・・・少し考えてみてください。

キューティクルを窓に見立てると、わかりやすいのでそれで説明します!

なにもしていな様態のキューティクル。

窓(キューティクル)が閉まっていて髪の毛を守っている状態です。

コレだと外からも中からも影響を受けるのは少ないです。

「窓 イラスト開いて」の画像検索結果

サロンカラーでキューティクルを開いた状態。

開いているから外からも中からも影響は受けやすい。ただ窓(キューティクル)を閉めてしまえば影響は受けにくい。

なのでカラーの後はしっかり窓(キューティクル)を閉める作業が必要!開けっ放しだと色持ち!ダメージに直結します。

サロンカラーだから安心というわけではありません。

最後にしっかり窓(キューティクル)を閉める!それが大事になります!

「窓 イラスト割れ」の画像検索結果

ホームカラーでキューティクルに穴を開けた状態。

そう窓ガラスを割って中に(穴を開けて)入るって事です。

コレだとカラーの後に窓(キューティクル)を閉めることすらできません。

必然的に色持ちも悪く髪の毛のたんぱく質も駄々洩れ状態です。

こうなってしまってはその後にサロンカラ―をしても同じ状態です。

もちろんホームカラ―もサロンカラーも薬剤を使っているのでダメージがでてしまいます。

これは髪の毛に変化を与えているので仕方ないことかもしれないです。

ただ最小限に抑えることは家ではではできない事が、美容院ではできる!

これが最大の違いです!!

それでもホームカラ―をするという方は、それでも大丈夫です!

ただ知っておくだけでも違うかなと(>_<)

(初回来店時のお客様のリタッチのみのサービスは、致しておりません。あらかじめご了承下さいませ。)

他の知っていて損はしない情報の記事はこちら

URL
TBURL
Return Top