知ってて損はしない情報

まとまりや指通りを良くするには乾燥から髪の毛を守る事が大切!

サイト内検索

髪の毛は肌と同じように乾燥します。

広がりやまとまりが悪い時は乾燥している可能性が大きいです!

乾燥すると引っ掛かりやパサつき、静電気など気になってきます。

悩みの原因の一つ乾燥。

どれだけ乾燥させずに髪の毛を労われるか?

これが綺麗な髪の毛を育む為に必要です!

乾燥からも守る事ができたらまとまりも良く、指通りも良くなります☆

では何に気を付ければ良いのか?

それを考えていきたいです!

髪の毛が乾燥する理由

  • 梳き過ぎ
  • 高温のドライヤーやアイロン使用
  • 薬剤の過剰使用
  • マフラーでの摩擦
  • 乾かさない
  • 頭皮の乾燥
  • 紫外線

様々な要因が髪の毛を乾燥させます!

梳き過ぎ

梳き過ぎると動きが出過ぎて摩擦が起きやすくなります!

軽くなって乾かすのは早くなるのですが、梳き過ぎはダメージや乾燥の元。

梳いてくださいと言わない事がまず一歩。

長さは変えずに、量が多いので梳いてください!!この言葉の危険性!!

高温のドライヤーやアイロン

髪の毛は60℃以上の熱からタンパク変性が起きます。

なのでそれ以上の温度は高ければ高いほどダメージへと繋がり乾燥します。

アイロンを使う時はなるべく低温で110℃以下が良いです!

ヘアアイロンは使い方を間違うとダメージになる!知っておきたい使い方と注意点。

ドライヤーも低温のモノを選ぶといですね!

復元ドライヤーPro!《徹底的に髪を傷ませない》からはじめる

過度な薬剤使用

どれだけ優しいと言われている薬剤でもやり過ぎはNG!

蓄積が髪の毛を傷め乾燥させます!

スタイルを楽しむ為に薬剤使用は効果的です!

何もしないという訳にはいかないのもわかります!

なのでやり過ぎないという事が大切です!

セルフカラーなどはしない事も大切。

髪の毛の構造と健康な髪の毛のpH値を知ろう!

マフラーなどのの摩擦

髪の毛が擦れると摩擦が起きます。

摩擦が起きると静電気が起き、ダメージに繋がります。

なるべく摩擦を起こさせないようにする方が良いです!

洗い流さないトリートメントなどを使う事が効果的です!

髪の毛のダメージ!ちょっとした意識で防げます!!

乾かす

髪の毛は濡れている時が一番デリケートです!

しっかり乾かす事がダメージを減らし、乾燥から守ります!

ドライヤーも低温ドライヤーなどで労わると効果的。

髪の毛を乾かさないとどうなる?綺麗な髪の毛を作るには乾かす事が必要!

頭皮の保湿

頭皮が乾燥すると髪の毛も乾燥します!

頭皮の状態が髪の毛の状態を決めると言っても過言ではないです!

しっかり保湿する事でトラブルが減ります!

化粧水をつけるのが効果的です!

ヘッドスパで毛髪と頭皮にアプローチする基本・リンス、コンディショナー、トリートメントの違いと選び方編

紫外線

これも乾燥の原因!

肌には日焼け止めを塗るけど、髪の毛には?

髪の毛にも日焼け止めをする事で予防できます!

季節や天候に関わらず降り注ぐ紫外線

乾燥する原因を減らす事が大切です!

何もしなくても乾燥はしてきます!

なのでケアをする!

でもなかなか思ったようにならない・・・

そんな時は乾燥する原因を減らす事も大切です!

お店でも乾燥予防をします!

ヘアカラーもするので最小限のダメージで染め、ヘアエステでしっかり保湿!

保湿し乾燥をさせない事でまとまりや指通りも良くなります!

サイドに軽さを出して雰囲気も少し変わるように!

労わりながらもスタイルを楽しむ!

少しの変化をさせると同時にしっかりケア!

家でも守る事で綺麗は持続します!

まとまりや指通りを良くするには乾燥から髪の毛を守る事が大切!

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top