ストレートアイロン

ヘアアイロンは使い方を間違うとダメージになる!知っておきたい使い方と注意点。

サイト内検索

ツヤ髪になりたい!!

ツヤツヤのサラサラ!

憧れますよね☆

でもなかなかツヤ髪にならない。

すぐに髪の毛にツヤがなくなる・・・

ツヤツヤのサラサラにどうしたらなれるのか?

もちろん髪質改善や縮毛矯正でも目指すことは可能ですが、

髪質や髪の状態にもよりできない事や、ならない事もあります・・・

そこで、薬剤を使わずでも、ツヤツヤやサラサラに誰でもなれる方法!

それがストレートアイロンを通す事で可能になります。

ストレートアイロンを使うとダメージになりませんか?

と聞かれることがありますが、縮毛矯正や髪質改善でもダメージはでます。

髪の毛に手を加えるという事は、必ずダメージになる事を覚えていてください。

ストレートアイロンは基本的にはやり方や、使い方、正確に使う事で最小限のダメージで最高の結果がでます。

使い方さえ間違えなければ、ツヤ髪になるとても有効なアイテムになります。

縮毛矯正や髪質改善を実は必要でない場合も。

今回は、使い方を知る事が大事です。

ストレートアイロンを使う上でのポイント

  • しっかり乾いた髪に通す
  • しっかり髪の毛をとかす
  • ブロッキングする
  • なるべく低温で通す
  • 長時間当てない
  • 寝癖は直してから通す

などがあります!

しっかり乾いた髪の毛に通す

髪の毛が少しでも濡れていると、アイロンの高温が髪の水分を飛ばします!

水蒸気爆発という現象が起きてしまいます。

これは髪の毛の内側からダメージになるので本当に気を付けたいポイントです!

アイロンを通した時にジューっと聞こえれ場合は水蒸気爆発を起こしている可能性が高いです!

濡れている髪の毛、湿っている髪の毛にはアイロンを通す事はNGなのを覚えていてください!

しっかり髪の毛をとかす

ブラッシングもそうですが、髪の毛の面を整える事がアイロンを通した時のツヤ感をよりしっかりと出せます!

クシを通しながらアイロンを入れる事でツヤを出しやすいです!

両手を使うのが苦手という場合は先にクシやブラシを通してからアイロンを入れるのもアリですね!

もっと楽にしたい場合は、

アイロンブラシを使うのも一つ!

ブロッキング

分けてアイロンを通す事で細かく入れれます!

意外とこのブロッキングの重要性を知られていないので、上手くアイロンを通せないという方はブロッキングをしてみてください!

長さはあまり関係なく大体これぐらいの分け方が多いです!

毛先だけという場合はこれぐらいでも大丈夫です。

動きが欲しい場合は上もわけます!

ブロッキングをする事でアイロンを通しやすくなり、ダメージも少なくできます!

なるべく低温で通す

やはり高温になればなるほどダメージになります!

タンパク質は60度以上でタンパク変性を起こすと言われています!

ヘアアイロンを使う際に、熱変性が始まるのは110度と言われています。

110度以上のヘアアイロンを使うと、髪のたんぱく質が変性し髪質が変化します。

180度以上では炭素化という内部の成分変化が起こってしまいます!

中には「プロ仕様」とされている高温設定のヘアアイロンもあります。

200度、220度まで上げることができ、すぐにセットができると言われています。

200度以上のヘアアイロンには確かにすぐにスタイリングが終わるという利点があります。

低温のヘアアイロンでは何度も繰り返し伸ばさなければならない髪が、200度のヘアアイロンならば一瞬でまっすぐになり◎!

繰り返さない分だけダメージも少なくなるかもしれません。

ですが200度のヘアアイロンを使う際には、十分な注意が必要です。

200度のヘアアイロンは外国人の髪の毛をモデルに作られたと言われています。

日本人の細い髪の場合、ダメージが多く内部で炎症が起きてしまう可能性があるのです!

なのでなるべく温度は下げる事でダメージを減らすことが出来ます!

時間のない時や髪型が決まらないという場合は、温度で調整する事も大事です!

ダメージだけを考えた場合は、低温の方が確実にダメージが少ないという事は覚えておくといいかもですね!!

長時間当てない

やっぱりアイロンを通す時間でもダメージが少ないです!

低温で長時間。

高温で短時間。

どちらが良いかは髪質や髪の毛の状態で変わると思います!

一番は低温で短時間。

クセが強い場合やカールが取れやすいい場合は低温ではいつまで経っても終われません!

なのでそういう場合は、高温で短時間。

大体1回で3秒~5秒以内が目安です。

髪の毛の細いあまり癖のない場合は、低温で。

5秒~8秒ぐらい。

高温も低温も10秒以上は当てない方が良いです!

アイロンを繰り返していく事で髪の毛がタンパク質変成を起こしてバッキバキになります。

髪の毛の断面が白くなっている方は完全にタンパク質変成が起きています。

もう治りません。

そういう事も踏まえて通す時間は短ければ短いほどダメージが少ないです!

ただ、スタイリングをする目的で通す事が多いので、スタイリングが出来る事が大事ですね!

3秒~8秒ぐらいまでが通す時間だと考えてください。

寝癖は直してから通す

アイロンを通すからと寝癖のまま通す方も実は多い。

しかしこれは時間がかかるばかりか、直りません。

いくら高温で通そうが直りません!

まずは濡らして、乾かし、それからアイロンです!

間違った寝癖直しは時間がかかるだけ!時間のない朝にもできる寝癖の直し方!

寝癖は濡らしてドライヤーで乾かす事が早く治せるコツです!

アイロンを通す時は寝癖のまま通す事は余計に時間がかかり無駄に時間がかかるのでお気を付けください!

使い方を間違えるとマイナスにしかなりません

基本的になんでもそうですが、メリットがあればデメリットがあります。

どうすればメリットが際立つかを考えた時に、デメリットをしっかり把握し、使い方を気を付ける事が大切です!

使い方が違うだけで最高のパフォーマンスを披露する事は不可能になります!

最高のパフォーマンスが出せないという事はマイナスでしかありません。

アイロンはクセを伸ばしたりカールを付けたり、ツヤを出したりできます!

その反面熱でのダメージは出てしまいます!

しかし、使用方法を間違わなければスタイルを簡単に変えれるとても良いアイテムになります!

が、濡れている髪の毛に通したり、寝ぐせのまま通したりするとダメージになりスタイルも決まりません!

時間だけがかかり、扱いにくくなってしまいます!

良くも悪くも使い方次第です!

ヘアアイロンは使い方を間違うとダメージになります!

知っておいて損はしない使い方と注意点。

頭の片隅にでも置いておいてくださいね☆

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top