【髪質改善専門】大人女性のマイナス10歳を叶える完全予約制のプライベートサロン

プレミアムエッセンスカラーで労わりながら色を楽しむ!

サイト内検索

大阪 都島区 野江内代駅より徒歩1分・おおさか東線JR野江駅徒歩6分【髪質改善専門】完全予約制のプライベートサロンleaLEA(レアレア)水からこだわる美容室/外から見えない美容院/【大人女性のマイナス10歳を叶える美容室】

ヘアカラーは一度すると繰り返す事が多いと思います!!

一度明るくすると黒染めをしても退色しその内、明るくなります。

カラーをしたら髪の毛が傷む!

一度のカラーではそこまでダメージが出たとは感じません。

ヘアカラーを繰り返す事で悩みが出てきます。

それは、繰り返す事でダメージが蓄積し、引っ掛かりやパサつきが気になる場合もあります。

それでも、色を楽しみたい!

そう言われれ方が大多数です!

では、ヘアカラーを繰り返して楽しむにはどうしたら良いか?

ヘアカラーの施術の時に如何に髪の毛に薬剤を残さないか。

これが大切です!

それを染めるカラー剤のパワーを抑えれるか?

抑えすぎると希望通りに染まらなかったりしますので、弱ければ良い!

という訳ではありませんので。

leaLEAではプレミアムエッセンスカラーはほとんどダメージが気になりません!!

プレミアムエッセンスカラーの特徴として、

アルカリカラーは、カラーリング効果が高い反面、キューティクルをひらくことで

髪へのダメージと、色持ちに不安がありました。弱酸性カラーは、

髪へのダメージが低い分、カラーリング効果に課題がありました。

「早く染まって色持ちもよく、さらに、髪や地肌へ負担が少ない。」

そんな理想のヘアカラーをカタチに!

できる限りアルカリ度数を低く抑え、

酸素のチカラで色素の反応速度を早めて素早く・美しくカラーリング。

そして、刺激や臭いも少なく抑えることも可能にしたのが、独自のテクノロジーです。



酸素のチカラで、早くやさしい色に染める

カラーリングの仕組みそのものを見直し、酸素に着目したカラー剤です。

“早染め=キツイ薬剤”というイメージを連想しがちですが、「酸素」を多く取り込む仕組み成分で色素の反応速度をアップし、

早染めなのに髪色のやさしい染め上がりを実現しました。

刺激をおさえ、頭皮のピリピリを大幅に軽減

「薬用炭」を配合することで、頭皮の刺激や髪のダメージの原因のひとつとなる1剤のアルカリ成分を減らすことに成功しました。

これまでヘアカラーの刺激で悩んでいた多くの方々からお喜びの声をいただいております。

天然植物エキスが地肌をいたわる

弾力のあるしなやかにまとまる髪へのアプローチ。

それはヘアカラーをする時から始まっています。

お客様の地肌のことを最優先に考えてつくられたヘアカラー2剤は、

3つの植物エキス、

  • グアイアズレン
  • アラントイン
  • アロエエキス(保湿剤)

を配合しています。お客様の頭皮もいたわります。

今までのアルカリカラーでも、弱酸性カラーでも、ただの早染めでもない!83.19%もの美容液成分を配合することで、髪と地肌をいたわるカラーとは!?

どれだけダメージをださないか?

これが色を楽しむためにも大切な事です!!

傷み過ぎた髪の毛は綺麗な発色はしにくいです。

色も抜けやすく、希望通りになりにくくなります。

ダメージは蓄積ですので、誰だけダメージを出さないか。

どれだけダメージを残さないか。

カット・プレミアムエッセンスカラー!

前回は少し暗めに。

一か月後には綺麗に退色しているのでまた今回は違った色を楽しみます!!

ダメージが少なくダメージを残さない事を、

leaLEAでは徹底しているのでbeforeの状態でもツヤが出ています!

柔らかい色味で秋冬カラー

秋冬カラーで暖色に染める!

かなり普通になってしまいます!

それだったらその人に合う色味を!!!

抜けるような青空の下

風になびく髪が柔らかそうに感じるように

ある時は、しっとり美味しそうな艶のある

そんなイメージで作ったカラー!

光の加減で見え方が違うので楽しめる

透明感のある肌のお客様

写真も撮る場所によって、光の入り方や、照明にの当たり方で、

色味の見え方が変わります!!

髪型は少し耳をにかけて、耳を出す事で奥行き感なども変わります!

なかかなアレンジができない方は耳のかけ方や、顔まりの肌の出し方でも雰囲気が変わります☆

ヘアカラーは色々な表情を楽しんでいただきたいです!!

その為には、まずはダメージを出し過ぎない!

ダメージを残さない!!

それを心掛ける事が必要です☆

そうする事でよりヘアカラーを楽しめます♪

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top