プレミアムエッセンスカラー

長さを変えずにヘアカラーでイメージを変える。労わりながら髪型を楽しむ!

サイト内検索

長さを変えなくても雰囲気は変えれます!

アレンジをしたり、パーマを当てたり、一番身近なのはヘアカラー!

ヘアカラーで今回は少し雰囲気を変えます!

色が変わるだけでも印象が変わります☆

今回のお客様

40代のリピートのお客様。

来店周期・来店理由

1ヶ月に1度。

白髪が気になる。
色を変えたい!

メニュー

プレミアムエッセンスカラーエステ

長さは切らずに退色している髪の毛を労わりながら染めていきます☆

労わりながら施術をしていく

カットはなしで、メインはヘアカラーと毛髪補修ヘアエステ!

しっかり労わりながら髪の毛、頭皮ケアもしていきます!

ヘアカラーも優しくなるべくダメージを出さないように!

しっかりフルコースで頭皮から髪の毛まで労わっていきます!

ヘアカラーもどれだけ傷めないかで1か月後、2か月後の状態に関わってくる

白髪が気になり染める!

染めないという選択肢がない場合は、どれだけ傷めないかを考えていかなくてはいけません!

ダメージを出すと後々困ります!

なので、leaLEAではヘアカラーも如何に傷めないかを考えて施術をしています!

ヘアカラーを楽しむ為に大切な事。

ダメージを出さない!

髪型を楽しむうえで一番大切な事。

ダメージを出さない!

ヘアカラーをしているからダメージになるのは仕方ない!

そんな事はありません!

どれだけヘアカラーでダメージを出さないか?

これは美容室でとても大切な事。

leaLEAでは、プレミアムエッセンスカラーは繰り返しヘアカラーをしてもツヤ髪を目指せるようにと考えています!!

アルカリカラーは、カラーリング効果が高い反面、キューティクルをひらくことで

髪へのダメージと、色持ちに不安がありました。弱酸性カラーは、

髪へのダメージが低い分、カラーリング効果に課題がありました。

「早く染まって色持ちもよく、さらに、髪や地肌へ負担が少ない。」

そんな理想のヘアカラーをカタチに!

できる限りアルカリ度数を低く抑え、

酸素のチカラで色素の反応速度を早めて素早く・美しくカラーリング。

そして、刺激や臭いも少なく抑えることも可能にしたのが、独自のテクノロジーです。

酸素のチカラで、早くやさしい色に染める

カラーリングの仕組みそのものを見直し、酸素に着目したカラー剤です。

“早染め=キツイ薬剤”というイメージを連想しがちですが、「酸素」を多く取り込む仕組み成分で色素の反応速度をアップし、

早染めなのに髪色のやさしい染め上がりを実現しました。

刺激をおさえ、頭皮のピリピリを大幅に軽減

「薬用炭」を配合することで、頭皮の刺激や髪のダメージの原因のひとつとなる1剤のアルカリ成分を減らすことに成功しました。

これまでヘアカラーの刺激で悩んでいた多くの方々からお喜びの声をいただいております。

天然植物エキスが地肌をいたわる

弾力のあるしなやかにまとまる髪へのアプローチ。

それはヘアカラーをする時から始まっています。

お客様の地肌のことを最優先に考えてつくられたヘアカラー2剤は、

3つの植物エキス、

  • グアイアズレン
  • アラントイン
  • アロエエキス(保湿剤)

を配合しています。お客様の頭皮もいたわります。

後処理でより色持ちを良くし、カラー後のかゆみやツッパリを軽減!

カラーリング後、頭皮や毛孔に残った薬剤をしっかり取り除く、頭皮の健康を考えたカラー薬液除去リンス。

染毛後のつっぱり感やフケ・かゆみを抑え、カラーの色持ちをアップさせるアフターリンスもしっかりします。

ヘアカラーとしての色彩美とともに、髪本来の美しさと地肌へのいたわりを。

その答えはケミカルよりも、ナチュラルなテクノロジーの中にありました。

ヘアカラーそのものをゼロから見直し、クリアな発想から生まれた。

すべての女性をより美しく、サロンスタイルをよりクリエイティブに。

今までのアルカリカラーでも、弱酸性カラーでも、ただの早染めでもない!83.19%もの美容液成分を配合することで、髪と地肌をいたわるカラーとは!?

色を落ち着かせてツヤを出す!

ヘアカラーは明るいよりも暗い方がツヤがでやすいです!

この性質を知る事でツヤを出したい時は少しトーンダウンが効果的です!

今回はトーンダウン!

暗くし過ぎずに!

乾かしただけです。

オンカラーで艶をだす!

カットをせずに雰囲気を変えました。

仕上げは、

動きを付けてまた違った雰囲気に☆

クセを活かしてスタイルを楽しむこともできます!!!

カットをせずにヘアカラーでイメージを変えれます☆

労わりながら髪型を楽しむことが大切です!!!

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top