クセを活かすスタイル

クセを活かす!クセを出すときは濡らしてスタイリングをする!

サイト内検索

クセが気になる。

クセをどうにかしたい!

クセを伸ばすという選択が多いのではないでしょうか?

クセをどうにかするのに伸ばすのも有効的です!

もう一つ!

スタイリングでクセを活かす!

これもアリです!

クセを活かす事でパーマを当てたようにもなります☆

クセを出しやすいように軽めのスタイルに

クセ=動き

動きを出しやすくするのにレイヤーを入れます!

セニングで軽くする方法もありますが、あまりお勧めはしません。

量を軽くし過ぎると広がります!

動きが出しやすいというよりはダメージが出やすくなります!

なので梳いて軽さを出すのであればレイヤーを入れて動きを出しやすくする事が良いかなと!

何か髪の毛に付ける事で動きが出せます!

それともう一つ!

クセがあるとパサついて見えやすいのですが、ツヤ感とまとまりを出せます!

必ず髪の毛には何かをつける事が大事です!

動かしたい場合はワックスなどSET力のあるモノを!

ツヤ感や束感が欲しい時はバームなどSET力の弱いモノが良いですね!

これだけ見え方が変わります!

ココでポイント!

スタイリングをする時はまず、毛先を濡らします!

毛先を濡らす事でクセが出てきます!

尚且つパサつきを少し抑えれます!

ただ、濡らすだけだとまたパサつくのでスタイリング剤を付けます!

それがクセを活かすために必要です!!

何もせずのクセは気になりますが、スタイリングをしてクセを出す場合は気になりません!

クセ伸ばすだけではありません!

クセを活かすのも一つの方法です!

どれが最善か!?

生活スタイルや好みで変わります!

クセを活かす事も一つですので、伸ばす事ばかり考えなくても良いかなと思います☆

もっとスタイルを楽しめるように!

クセを活かす時はまずは濡らす!

それからスタイリング剤をつける!

これを覚えておいてくださいね☆

 

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top