梳き過ぎがダメな理由

梳かれ過ぎで動きがでる。収まらないのは必要な髪の毛がないから。

サイト内検索

梳かれ過ぎは収まらない!

それをクセだと思っている方も多い!!

美容師が「ここは見えないから」と梳き過ぎる。

ほとんどがこのパターン・・・

正直もうそんな梳き方はNGです。

バッサリ切る場合はまだ良いが、切らない場合は本当に直りません!

あとは梳かれ具合によって時間のかかり方が変わります!

見えないからと、根元付近から梳かれている場合はかなり時間がかかります。

今回のお客様。

肩に当たる長さで広がっているのをどうにかしたい!

そういうおーだーでした!

しかし、よく見ると・・・

何か変な動きです。

めくってみると・・・

いびつな動きが出ています!

これをよくクセがあるからと言われますが、

実はこれ・・・

梳かれ過ぎによる動きです!

クセではありません。

梳かれ過ぎです。

「見えないから量を減らしときますね」

と梳き過ぎてしまったがために・・・

これが広がり、収まらない原因でした。

ではこれをどうするのか?

切るのか?

伸びるまで待つのか?

今回は毛先を少し切る事に。



少し整えるだけでも落ち着きは変わる

全く何もしないでは変化が無いので少しでも毛先を切らせて頂きます!

大きく改善はできませんが、少しでも扱いやすくします!

毛先に少しでも厚みが出る事で動きを抑えれます!

しかし、梳かれ過ぎている状態なので細かい髪の毛が出てしまいます。

これがツヤをなくす原因でです!

それでも、

それでもまだまだ時間がかかってしまいます!

半年から1年はかかる状態です!

かと言ってこのまま放置という訳にもいきません!

伸びて直るまでどうしていけばよいのか?

これも課題になります!

対策としては

  • くくる
  • アレンジをする
  • 巻く
  • ストレートアイロンを通す

くくる

ただくくるのではなく、クルリンパをしてみたりすると良いと思います!

アレンジ

長さにもよりますが、少しアレンジをするだけも見え方を変えれます!

この機会にアレンジを覚えるとどんな長さの時も困らないのでお勧めです!

巻く

コテで巻く事で広がりも見えにくくなります!

少しの事ですが巻くのもアリですよ☆

ストレートアイロンを通す

梳かれ過ぎた髪の毛の動きを抑えるのに有効なストレートアイロン!

通し方によって雰囲気も変えれるので便利なアイテムのひとつ!

今回の仕上げはストレートアイロンで動きを伸ばし、毛先は内に!

これで気になる部分も解消します!

本来は乾かして終われるのが何よりですが、その状態ではない場合は手を加える方が良いです!

もちろん、使用方法など注意する事もあります!

間違えればダメージに繋がるので気を付けなければなりません!

しかし、上手に使えばとても便利です!

様々なやり方で、半年から1年もの長い期間を乗り切れば本当に楽になります!

これは梳かれ過ぎた髪の毛の宿命ともいえる物です!

なってしまっているモノに後悔するよりも、「今、気づけた!」

と思い新しい事も出来るようになったと前向きに髪の毛の改善をしていきましょう!

私たちは、綺麗な扱いやすい髪の毛を手に入れれるようにお手伝いをさせて頂いています!

その為にも、梳かれ過ぎないように!

梳き過ぎない事が何よりも近道ですよ!

長さは変えずに、量が多いので梳いてください!!この言葉の危険性!!

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top