梳き過ぎがダメな理由

梳かれ過ぎた髪の毛は寝癖が付きやすく、乾燥しやすい。ダメージになる原因が増える。

サイト内検索

まだまだ梳かれ過ぎの方多いです。

もっともっと伝えていかないといけないなと思います!

梳かれ過ぎた髪の毛は扱いにくく、ダメージになりやすい。

梳かれ過ぎると動きが出過ぎます。

動きの欲しい所だけだったら良いのですが、動きの要らない所に出てしまいます。

クセがあるから扱いやすくしたいとご来店頂きました。

しっかり髪の毛を見ていくと・・・

スカスカです。

根元付近と毛先の厚みの差があり過ぎる!

これでは動きが出過ぎます!

めくってみると・・・

暴れてます。

これはクセじゃないです。

梳かれ過ぎた事による動きです。

梳かれ過ぎで動きが出て、摩擦で乾燥します!

それが収まらない原因の一つです!



ケアしながら理想の厚みに近づけていく

梳かれ過ぎた場合は、

切るか・・・

待つか・・・

この二択です。

今回は、待つ!

その為にも、日頃のケアと日頃の扱い。

これを気を付けなければいけません!

今回は、カット・毛髪補修ヘアエステでケアしていきます!!

しっかり乾かせるとこれだけ落ち着きます☆

見えないからと梳かれ過ぎているのが良く分かります!

毛先に厚みがなくスカスカな状態です!

これが動く幅を増やし、収まらずにうねる原因です!

しっかり乾かしても寝癖が付きやすい原因です!

あとは梳かれ過ぎて位置が変混んでいるのがわかると思います!

ココが凹むという事は空間が出来ているという事。

空間が出来ているという事は、動きが出るという事。

それが扱いにくい、乾かすだけで終われない原因になります。

量が多いと乾かすのは大変です!

乾かすのが楽になりたい!

分かります!

量を梳いてはいけないという訳ではありません!

梳き過ぎがいけないという事です!

梳き過ぎる原因は美容師にあります。

ただ、お客様自身でも梳かれ過ぎないようにする方法があります!

オーダーの仕方を変えてください!

「量が多いので梳いてください」

これを言わない!

あとは、施術が終わり乾かしてから決めて良いですか?

とオーダーする!

そうする事で、乾燥で広がっていたのか?

クセで広がっていたのか?

本当に量が多いのか?

判断がしやすくなります!

ご来店した時と乾かして時では違う事が分かります!

カットラインを整えて、ヘアエステで保湿!

乾かしただけで、量は減らしていません!

梳かれ過ぎている場合は、凄く差が出ます。

梳いてほしいとオーダーする前に、乾かしてから決めるのも一つですよ☆

梳かれ過ぎない綺麗な髪の毛を育んでいきましょう♪

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top