梳き過ぎがダメな理由

髪の毛がバサバサ・ガシガシ。髪の毛のダメージの原因は・・・梳かれ過ぎ。

サイト内検索

髪の毛のダメージは気になりますか?

髪の毛が傷む原因は沢山あります。

  • 紫外線
  • 高温
  • 摩擦
  • 静電気
  • 薬剤使用

あげればいっぱい出てきます!

その中でも気にしてほしい事!

「梳き過ぎ!」

これを何よりも気にかけてほしいです。

長さは変えずに、量が多いので梳いてください!!この言葉の危険性!!

見えないからと梳かれ過ぎた結果です。

元々乾燥しやす広がりやすい毛質です。

量も多く美容院に行けば毎回梳いていたそうです。

待てど暮らせど一向に髪の毛が綺麗にならないとleaLEAにご来店頂きました。

細かい髪の毛も沢山出てしまっています。

これは梳かれ過ぎた事によって動きが出てダメージになり切れてしまった髪の毛も。

梳かれ過ぎ→動きが出る→広がる→縮毛矯正→さらに梳く→傷む。

この悪循環が髪の毛を傷め乾燥させてしまっている原因。

この悪循環から抜け出せれば確実に髪の毛は綺麗になります!

自分の髪の毛の状態を知り、地道にケアしていく

気付かないままだといつまで経っても綺麗になりません。

どれだけ早く気づけれるかが綺麗の近道。

まずはサロンケアで出来る所まで!

毛先に厚みが無いですがこればかりは切るか、伸びるまで待つか。

2択です!

今回は伸びるまで待ちます!

その為にもしっかり保湿し、これ以上ダメージを進行させないようにしていきます!

なのでヘアカラーしっかり労わり、毛髪補修ヘアエステでしっかり保湿。

地道な繰り返し!

梳かれ過ぎてしまった物は元には戻らないので、今後梳き過ぎないようにしていきます!

まずは、「量が多いので梳いてください」

という言葉は封印してくださいね☆

綺麗な髪の毛を育む為にも、適度な量は残してくださいね!

URL
TBURL

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top
error: Content is protected !!